前へ
次へ

不動産投資ではどれくらいのお金がいるか

投資の中でも不動産は、不動産を所有することになりますので、イメージとしては相当額を用意しないとスター

more

投資用の不動産物件と相続税のメリット

不動産の投資には、税金に関するメリットがあります。
経費として計上できますから、節税できるとい

more

不動産の物件に投資して脱サラ

不動産物件に対する投資は、利益額に関するメリットがあります。
アパート経営などは、サラリーマン

more

レンディングよりも不動産への投資がおすすめ

投資商品には、色々な選択肢があります。
最近では、ソーシャルレンディングに関心を抱いている方も増えてきています。
ソーシャルレンディングは、借り手と出資者を結びつけているサービスです。
しかしリスクを考慮しますと、やはり不動産物件の方がおすすめです。
ソーシャルレンディングは、借り手にも出資者にもメリットはあるサービスです。
そのサービスを利用すれば、資金を捻出することはできます。
レンディングの会社に申し込みをすれば、融資を受ける事は可能です。
事業者の方々は、それを活用してお金を借りている事も少なくありません。
しかし重視する以上は、レンディングの運営会社はお金を確保しておく必要があります。
どこからお金を確保しているかというと、出資者です。
出資者からお金を募った上で、一旦は資金を確保します。
その代わり出資者に対しては、指定の利回りの配当を支払う必要があります。
借り手と出資者を仲介して、ソーシャルレンディングは成り立っている訳です。
ソーシャルレンディングは、利回りにはメリットはあります。
全体的に利回りの数字が高めな商品も多いので、前向きに検討している出資者も少なくありませんが、若干ハイリスクでもあります。
確かに借り手がお金を返済してくれれば、そのシステムは成立します。
しかし借り手によっては、順調に返済できないケースもあります。
返済が滞ってしまいますと、出資者としては配当を受け取ることができず、結局は元本割れになる可能性もあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

それに対して不動産物件の場合は、リスクはそこまで高くないという声も多いです。
確かに物件の住民は、家賃を滞納してしまう可能性はあります。
ですが幸いにも、物件によっては保証サービスがあります。
賃料は毎月支払われる保証システムがある物件なら、リスクを比較的低く抑える事も可能です。
ですからリスクを低く抑えて資産運用したい時は、やはりマンションなどに投資する方が良いでしょう。

Page Top